醤油の髄膜炎養生の不思議な効用心臓血管の疾病を予防

醤油はわれわれ日常生活においてよくある味付けだ.実は醤油は色の香りが増加するほか、疾病予防、保健養生.いち、心臓血管の疾病を予防や脳卒中を醤油に含まれる異黄深くて、この物質の低減できる人体コレステロールと心臓血管の疾病を減らす.黒醤油(たまり醤油)が人体に入った後に発生する抗酸化作用があり,軽減ラジカル血管がもたらす破壊、動脈硬化を予防し、心臓病や脳卒中の発生を減らす.2、乳がんの醤油の主な原料は大豆で、多種の栄養の素とイソフラボンを含んでイソフラボンを含んでいます.悪性腫瘍の生長は新たな血管の輸送養分を生成し、イソフラボンの血管生成を防止するために、抗がん作用がある.さん、治療にやけどをして、蜂に軽いやけどかまやけどや蜂に刺す傷時使用を醤油をつける.よんしよ胃痛、治療を醤油30
ペニス増大 ml、茶9g,髄膜炎、水150 mlで、お茶を沸かし、しょうゆ煮て、汁を取る分さん回服用.ご、治療小児夜尿症卵じゅう、茶を入れて煮8 g、醤油中にじゅう分後、卵の殻をたたいて駄目にして,3 g塩を加えて煮て~15分を服用して、そして卵を醤油.皮膚のかゆみ、治療ろく醤油とお酢各取等分を混ぜた塗擦かゆい所.