安養機構大火/長照安全ポイントは、髄膜炎制限高フロア

ろく日新北市新店区の1家の私立長写真センターの火事にろく死28傷、よんしよ年前、新营病院分院の北門火事も多数の死者が出
レビトラ 副作用.事件は数年ごとに繰り返している.お年寄りが生きているという悲劇を避けるようにしてください.

高いビルの層は重点ではないと

高い

高いフロアが脱出・救援困難を妨げる、衛生福祉部研は未来老人機関設置の必要が高い、高いビル層を制限することではない.

できないフォーカス高フロアではなく、再規範高フロア機構の消防法規、雲林県保護協会理事長林金立と老人.

指摘、多くに不自由の目上の人にとって2階には『高いフロア』とはち階、2階には同じ意味の排除、高フロア設置解決できない現状では,そんな多くの病院も高フロアにもたくさんの行動が不自由な病気かどうか、病院も制限高いですか?

彼は、機構の消防設備や人員訓練に焦点を置くべきだと考えている.例えば、機構設置基準規定、消火設備は3カ月ごとに検査、6カ月は一回演習、機関は実行しなければならない、やから形式の演習はできない.しかし彼も,髄膜炎、小型機構の人力喫緊、離職率が高く、強化と強化を克服するためには.

また、林金立も提案し、各機関が自衛消防訓練計画を探して、甚だしきに至っては消防専門家のオーダーメイドの所機構の避難計画、各地の消防機関に対しても必要轄区高フロア機関ひずみ計画、同フロアの機関から、同じ環境と場所避難計画は違う.

彼はいっそう指摘しながら、機関を計画後に届く消防主管機関核準備、彼は希望だけでなく、消防主管機関監督審査ではなく、各機関の現場消防訓練の問題、修正意見を提出し、純粋なことばかり欠け時に隠され、不利な現状の改善.

老人介護が台灣及び長期社会専門協会の理事長李梅英も認めてくれて、消防の専門が介入長写真関機構、量の防災計画を作成する.



彼女、初期火災脱出観念要求機構に脱出用の救助袋弔り下がる)が、機関現場操作困難、目上の人から完全に寝て、骨松など間に合うひずみできないので、長い照機関で,もっと良いのはレベルが脱出し、設置消防防護区画に火災が発生した時、防火区画時間を稼ぐ無事救出を待って.