大山の髄膜炎奥に

都会の喧騒を離れて、

世間の繁華街から遠い.紆余曲折の道、

山の奥から遠くへと.

の暗いの山奥で、
月日が経つにつれて、
一本一本が枯れの老木
依然として静かにそこにそびえ立っている,髄膜炎、守り.

Pでは、かわくの土壌で成長する、

暖かい日差し、雨露の潤し、雨露の潤いもない/~雨露の潤しにはならない.

p> <一群の白鳩の大山から飛び,

老木に教えて、

それは山に鼠の凶暴な噛み、

あなた達の土を潤す,

あちこち穴を開けて

それらの自分の巢.

「Pは、大山さんから、小草と言って、蠅と言って、蠅と言って、「蠅.

這い回あなたたちの全身に、

あなたの筋脉掻き、

あなた達のエキスと血液を取り入れた.あなた達のもろくて弱い体を奪う,
ロップセックス.

老木光は老樹の根は照射しない、

それは一筋の光だと

……雨が永遠に山の底まで潤している

1雨が降っても……