「出会い髄膜炎」

昔は個人、彼は恋人がいて、どうして別れたのか分からないで、そこで彼はしかたなくなった……

騒がしいの駅で、1匹の小さいネズミは突き進んできて、別れの悲しみに轢殺駅の線路の下……

彼女はにぎやかな人込みの中で隠れて、目が遠くの彼をじっと見つめて、彼は彼女と別れて、遠方から……

彼女は知っていて、彼はあまりにも近すぎることに頼って、たとえ悲しみ、やはり喜び、よいことではないかも知れなくて、将来のために……

Pは手を振って別れ,彼女はますます遠くになって,実はますます近くて……

愛は何ですか,
シリアス 輸入?彼は遠方、私は彼、彼もそこにいる、縁のない、ある、としても、努力することです.

でも、私は彼の心には、彼がいるから、私は彼がいるから、それを待って、愛死を待つ必要はありません.

私は彼を歩いて、私は思いの波になって、彼は私の腹中に揺れる、安全に恋着.それは私の幸福で,髄膜炎、あなたの賜るです.あなたは笑って言って、あなたは私の子供です.

私は目が覚めて、彼はやっと発見して、彼女は彼が待って、帰ってくることを発見しました!別れ、待つ、すべてが出会うために!